RAVEN (for NIKON ) 標準価格:¥71,500.-(税込) JAN:4571380544300
RAVEN (for CANON) 標準価格:¥71,500.-(税込) JAN:4571380544317







RAVENでできること

・複数ブランド使用 ( profoto、GODOX、pocktwizard、Paul C.Buff )

・2ブランド同時接続

・複数の発光モード ( TTL、マニュアル、PowerTrack )

・複数のトリガーモード (リモート、サウンド )

・様々な発光システム ( HSS、マルチ、後幕シンクロ、サイクル )

・特殊設定 ( PINGテスト、インターバル撮影、バーストカウンター、長時間スリープ・起動タイマー、wi-fi・4G/5Gスポット接続によるファームアップ )





RAVENの仕様

・サイズ:100×76×63 mm
・重量:159g
・バッテリー:2500mAhのリチウムバッテリー(内蔵)
・充電時間:3時間 (micro-B ケーブル)
・使用可能時間:16時間
・待機画面継続時間:45日間
・耐久温度:約 -18℃〜46℃ (0°F〜115°F)
・液晶画面:3.5cmのOLEDディスプレイ(ゴリラガラス搭載タッチスクリーン)
・ノーズライト搭載:2700K〜6500K、10%〜100%で調光可能なフィルライト、モデリングライト
・AF補助光搭載:赤、白の2色から選択可能
・通信可能距離:マニュアル時/450m、TTL・HSS時/152m

※製品の仕様は、改良などにより予告なく変更することがあります。

RAVENでできること(詳細)

複数ブランドに対応



    対応ブランド
   ・Profoto
   ・GODOX
   ・Pocketwizard
   ・Paul.C.Buff

対応機種一覧表を見る

※Profotoは発光モードを混在して使用することはできません。
※Paul.C.BuffはゾーンDは使用できません。
※チャンネル数はブランドの初期値に依存します。Pocketwizard-16、Profoto-8〜20、GODOX-32、Paul.C.Buff-32
※2022年7月現在Pocketwizard、Paul.C.Buffは日本国内での取り扱いはありません。

2ブランド同時接続


対応のブランドから2ブランドまで選択して同時に接続することができます。

複数の発光モードに対応

 


□TTLモード
TTL対応のストロボを使用し、Ravenで微調整を行います。(ゾーンA〜Cで使用可)

□マニュアルモード
自分で任意の光量に調整できます。(ゾーンA〜Dで使用可)

□PowerTrackモード
カメラのISO値、もしくはF値、またはその両方の数値をRAVENに記憶し、それらの数値を変更した値によってRAVENが自動で調整します。

■また、調光などをせずに通信の接続のみを行う同期のみモードもあります。

複数のトリガーモードを搭載




□リモートトリガー
RAVEN同士、もしくはRAVENとPocketWizard(LongRange)の組み合わせでリモートトリガーを使用することができます。
※RAVEN同士時は全130チャンネル、8ゾーン、RAVENとPocketWizard(LongRange)時は全80チャンネル、4ゾーン

□サウンドトリガー
音声の感度を調整したRAVENを使用し、音や声でトリガーを使用することができます。

■ライトトリガー
2022年7月現在 開発中

※NIKON用のカメラを利用してリモートトリガー撮影を行う場合は専用のケーブルが別途必要となります。

様々な発光システムを搭載




□HSS
1/200(1/250)を超えるシャッタースピードでの撮影に使用できます。

□マルチ発光
1回のシャッターの間に複数回発光させることが可能。
※発光回数は2〜60回、間隔は自動〜900msまでの間で設定できます。

□後幕シンクロ
Sync View機能を利用し発光タイミングの調整を細かく設定できます。
※2022/6 現在はNIKONのみ対応

□サイクル発光
大光量発光でストロボチャージが不安な場合などに複数台でサイクル設定をし、順番に発光させることで不発光トラブルを防ぐことができます。

特殊な設定




□PINGテスト
リモートトリガー時に電波ノイズなどで通信不良が起きないよう、ゾーンごとに緑ー黄ー赤の色で電波状況が表示されます。

□インターバル撮影
最大60枚、最長24時間59分59秒の間で設定した任意の撮影回数・撮影時間でのインターバル撮影ができます。

□バーストカウンター
リモートトリガー時にゾーンに設定したリモートカメラが何回撮影されているかをマスターの液晶画面で確認することができます。

□長時間スリープ・起動タイマー
1年以内の任意の時間で起動タイマーをかけることができる。長時間使用しない時のバッテリー保持などに使用できます。

□wi-fi・4G/5Gスポット接続によるファームアップ
本体を直接wi-fiや携帯会社の4G/5Gのホットスポットに接続することが可能。本体のファームウェア更新をどこでも簡単に行うことができます。

対応カメラ / ストロボ/LED / コマンダー

■CANON(カメラ)

Rebel SL1 70D 6D 1Dx 
Rebel SL3 77D 6D Mark II  1Dx Mark II
Rebel T4i 80D 7D Mark II 1Dx Mark III
Rebel T8i 90D 5D Mark III *R3
  *EOS R 5D Mark IV *R5
    5Ds *R6
    5Ds R  

*Canon EOSR、R3、R5、R6を使用し、HSSでTTLモードを使用する場合、PocketWizard FlexTT5またはFlexTT6に接続されたCanonストロボのみ対応します。

※RAVENでリモートトリガーを使用するには、CANONのシステムである電波通信による連動撮影機能を利用するため、2012年以降発売の中級機〜高級機が対応となります。
※CANONのカメラを使用してCANON用の以外のストロボを使用時HSSは使用できません。(物理切り替えボタンのモードがあるストロボはTTLモードを使用。)
 

■CANON(ストロボ)

※PocketWizard FlexTT5、FlexTT6またはGodox X1r-Cが必要です。
270EX 580EX
270EX II 580EX II
320EX 600EX-RT
430EX 600EX-RTII
430EXII   
430EX III-RT   


 

■NIKON(カメラ)

D3200 D500 Df Z50
D3400 D600 D4 Z5
D3500 D610 D5 Z6
D5000 D750 D6 Z6 II
D5100 D780   Z7
D5200 D800   Z7 II
D5300 D810   Z fc
D5600 D810A   Z9
D7000 D850    
D7100      
D7200      
D7500      

※リモートトリガー対応のカメラは表中の一部機種のみとなります。現在検証中となっており、後日正式に記載いたします。
 

■NIKON(ストロボ)

※PocketWizard FlexTT5またはGodox X1r-Nが必要です。
SB-500 SB-900
SB-600 SB-910
SB-700 SB-5000
SB-800  


 

■Hasselblad(カメラ)

※全ての機能を使用するにはRAVEN(NIKON)を使用します。RAVEN(CANON)ではマニュアル・同期のみモードのみの使用に制限されます。
X1D
X1D MkⅡ


 

■Profoto(ストロボ/LED)

A1 B1
C1 Plus **D1 Air **Pro 8a Air
A1X B1X   D2 AirTTL *Pro 10 AirTTL
A10 B2 AirTTL   **D4 *Pro 11
  **B4 Air      
  B10      
  B10 Plus      
  B10X      
  B10X Plus      

* TTLモードで最大500wsの電力が可能。フルパワーレンジが間もなく登場。
** TTLモードを使用する場合は互換性がありません。

 
profotoで使用できるチャンネル数
※Profotoは発光モードを混在して使用することはできません。
20チャンネル A1、A1X、A10、B2 AirTTL、B10、B10 Plus、B10X、B10X Plus、C1 Plus、D2 AirTTL、Pro 11
8チャンネル B1、B1X、B4 Air、D1 Air、D4、Pro 8a Air、Pro 10 AirTTL

  
 

■GODOX(ストロボ/LED)

AD100 TT350 V1 X1r
AD200 TT600 V350  
AD200 Pro TT685 V850II  
AD300 Pro   V860II  
AD360II       
AD400 Pro       
AD600 Pro       
AD600BM      
AD1200 Pro      

※X1rはマルチ発光モードでは使用できません。

 

■Light & Motion(ストロボ/LED)

Reflex
Reflex S

※ブランドはGODOXを使用して下さい。

 

■Paul C Buff(ストロボ)

※2022年7月現在Pocketwizard、Paul.C.Buffは日本国内での取り扱いはありません。

Link
RAVENと直接通信ができます。
Einstein Paul C. Buff CyberSync Tranceiver (CSXCV)
もしくは the PocketWizard Power MC2 で通信できます。
DigiBee Paul C. Buff CyberSync Tranceiver (CSXCV) で通信できます。
AlienBees Paul C. Buff CyberSync Plus Receiver (CSR+) & (CSRB+)
もしくは、PcketWizard AC9を使用したFlexTT5/TT6で通信できます。
White Lightning  Paul C. Buff CyberSync Plus Receiver (CSR+) & (CSRB+)
もしくは、PcketWizard AC9を使用したFlexTT5/TT6で通信できます。

※TTL機能はLINKでのみ使用できます。
※PocketWizard Plus IIIeおよびPlus IVeは、Paul C Buffストロボをマニュアル発光で使用することができます。SyncView機能を利用して発光タイミングを調整します。ただし、Plus IIIe、PlusIVeで接続されたPaulCBuffライトは調光はできません。

 

■PocketWizard(コマンダー)

※2022年7月現在Pocketwizard、Paul.C.Buffは日本国内での取り扱いはありません。
※E-Releaseを使用するファームウェアへの更新が必要です。
Plus IIIe 同期ポートを介して、SyncView機能とともに、手動モードでストロボをトリガーするレシーバーとして使用できます。
電力レベル制御は使用できません。
FCCバージョンにはファームウェア2.739以降、CEバージョンにはファームウェア2.739が必要です。
Plus IVe 同期ポートを介して、SyncView機能とともに手動モードでストロボをトリガーするレシーバーとして使用できます。電力レベル制御は使用できません。
FCCバージョンにはファームウェア2.709以降 、CEバージョンにはファームウェア2.709が必要です 。
Nikon FlexTT5 同期ポートを介して、SyncView機能とともに、手動モードでストロボをトリガーするレシーバーとして使用できます。
電力レベル制御を備えたTTLモードと手動モード、およびSyncViewとHSS機能は、ニコン互換フラッシュを備えたトップホットシューから利用できます。詳細については、PocketWizardWikiを参照してください。
FCCバージョンにはファームウェア4.105以降、CEバージョンにはファームウェア4.105が必要です。
Canon FlexTT5 / FlexTT6 同期ポートを介して、SyncView機能とともに、手動モードでストロボをトリガーするレシーバーとして使用できます。
電力レベル制御を備えたTTLモードと手動モード、およびSyncViewとHSS機能は、キヤノン互換フラッシュを備えたトップホットシューから利用できます。
詳細については、PocketWizardWikiを参照してください。ファームウェアバージョン8.004以降が必要です。
PowerMC2  Paul C.BuffEinsteinフラッシュをトリガーするレシーバーとして使用できます。
電力レベル制御とSyncView機能を備えた手動が利用可能です。Paul CBuffDigiBeeとは互換性がありません。
FCCバージョンにはファームウェア4.208以降、CEバージョンにはファームウェア4.208が必要です。


 

■その他

SONY、Leica、Fujifilmなど今後も多くのカメラ、ストロボブランドへの展開を予定しております。