エクスポディスク2.0 ホワイトバランスフィルターは、デジタル一眼レフカメラ、デジタルビデオで簡単に、理想的なホワイトバランス
が得られます。撮影前にフィルターをレンズ前に装着し、ホワイトバランスを測定。カメラ側のカスタムホワイトバランスに設定するだけ
で正確な色再現が素早く簡単に得られます。また、製品はユーザが選択可能なウオームフィルタが付属しており、暖かみのある色合いを再
現するウォームバランスフィルターとして室内外のポートレート撮影で、健康的で暖かみある肌のトーンを再現も可能となり、非常にコスト
パフォーマンスに優れおります。



ExpoDisc2.0の特徴:

  • フィルター径77mm (77mm 以下のレンズで使用可能)
  • 迅速な写真やビデオのホワイトバランス設定
  • 簡単、撮影前にエクスポディスクを装着し、測定するだけ
  • ミックス光や難しいライティング条件で威力を発揮
  • ユーザ選択可能なウオームフィルタ(ゲル)を同梱
  • 撮影後の処理が軽減、撮影により時間がかけられます
  • 米国製 - キャリブレーション検証書付き

同梱内容:
•ExpoDisc2.0 ホワイトバランスフィルター
• ポートレートウォームフィルター
• キャリーポーチ
• ストラップ
• 校正証明カード
• 日本語クイックスタートガイド



ExpoDiscを使用し写真、ビデオの編集時のホワイトバランスを保存します。
RAWまたはJPEGで撮影するかどうか、ホワイトバランスにExpoDisc を使用して写真家のイメージを維持し、写真編集時の貴重な時間を節約します。カスタムホワイトバランス設定に使用する場合、ExpoDiscは、自然光、人工光、スタジオ照明にも優れ、カラーキャストを正確に補正し、ニュートラルな色を再現してくれます。ExpoDisc はどんなグレーカード、ホワイトカードやキャリブレーションターゲットを使用するよりはるかに簡単です。単にレンズの前にExpoDiscを配置し、カメラのカスタムホワイトバランスを設定するには入射光を取り込むだけです。ExpoDiscで、カスタムホワイトバランスを使用すると、事実上、RAW またはJPEG ポストキャプチャ色調整の必要性を排除できます。



同梱ポートレートウオームフィルタ(ゲル)
前バージョンのExpoDisc プロフェッショナルホワイトバランスフィルタは、別々のニュートラルとポートレート(温暖化)のバージョンを提供していました。 ExpoDisc2.0 は、単一のツールにこれらのバージョンを兼ね備えています。 ExpoDisc2.0は写真家が好む肌のトーンの暖かさのいくつかの段階を追加することができ、ExpoDisc の表面の凹部に挿入することができるカスタムフィルタは2 種類(ゲル)が含まれています。



校正証明カード :
ExpoDiscは手動で、分光高度計を使用、検定し個々の可視スペクトルに於いて18%の全スペクトル透過率をを確保するために個別に処方された材料を用いて調整されています。各ExpoDisc2.0 は、分光光度計でテストされた品質管理カードが同梱されています。これによりカラーキャストを正確に補正し、ニュートラルな色を再現してくれます。



大は小を兼ねるExpoDisc
ExpoDisc2.0 はサイズが77mm フィルタサイズで利用できるようになっています。
従って、ExpoDisc は、それ以下のレンズのフィルタサイズのレンズに使用することが可能です。



エクスポディスク2.0の一般的使用方法

1) レンズ前にエクスポディスクを取り付ける。
2) マニュアル、またはオートで露出を設定する。
3) フォーカスモードをマニュアルに設定する。
4) カメラをカスタムホワイトバランス*モードに設定する。
5) 光源にカメラを向けてシャッターを切る。
6) この画像をカスタムホワイトバランス*設定で選択、または保存する。
7) フォーカスモードをオートに戻す。(必要な場合)
8) エクスポディスクを外し、撮影を開始する。
※カスタムホワイトバランスの設定方法はご使用のカメラの取り扱い説明書をご参考下さい。
魚眼レンズにてご使用される時は、レンズの構造上正確な設定が出来ませんので、
ご注意ください。