Harvest One 社ラジオ式トランシーバーCACTUS V6II 、V6IIS
再発売遅延のお詫びと発売開始日のご案内

イメージビジョン株式会社( 東京都渋谷区) はこの度、Harvest One社(香港) の現行V6の上位機となるラジオ式トランシーバー製品、Cactus V6II(マルチシステムシュー対応)とCactus V6IIS( ソニーマルチインターフェース対応) を2016年6月より日本国内の発売開始することをご案内しておりましたが、Cactus V6II を2016年7月15日、Cactus V6IIS を2016年8月9日より発売開始することとなりました。製品をお待ちいただいているお客様をはじめ、関係者の皆さまに大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

CactusV6II は、キヤノン、ニコン、富士フィルム、オリンパス、パナソニックやペンタックス用のフラッシュの出力リモートコントロール に対応、 V6IIS はソニー用のフラッシュモデルに対応し各フラッシュの出力レベルをマニュアルで制御可能、ハイスピードシンクロ対応のカメラ. フラッシュにはハイスピードシンクロ(~1/8000s) による発光制御にも対応しています。また、現行製品CACTUS V6(ラジオトランシーバー( 受信側のみ))、RF60(ラジオトランシーバー内蔵フラッシュのスレーブモードのみ)に対し、ハイスピードシンクロに対応するファームウエアバージョンを現在7月下旬公開予定としています。

* 2016年6月21日(火) 〜 22日(水)に開催されるPhotoNEXTのイメージビジョン株式会社ブース(ブースNo.67)に於いて
CACTUS V6II、V6IIS を参考展示、トークショーなどの開催を予定しています。

主な機能:

● 2.4GHz 帯の電波を利用したワイヤレスフラッシュトランシーバーCACTUS V6II_1.jpgCACTUS V6II
● キヤノン、ニコン、ペンタックス、富士フィルム、オリンパス、パナソニック各社製のフラッシュをワイヤレスのマニュアルで出力調整が可能
● V6IIのマルチシステム シューは、キヤノン、富士フィルム、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペンタックス各社製のシステムによる。 TTL パススルーに対応し、V6IIS ソニーマルチインターフェースはソニー製のシステムによるTTL パススルーに対応しています。
● マルチマスターサポート(16台以下のカメラからの個別発光制御をコントロール(同時使用は不可)
● 2つの異なるブランドによるハイスピードシンクロ(HSS) に対応
●富士フィルムHSS 非対応カメラ用にFoced HSS(強制HSS) を装備(ストロボはHSS対応必須)。
● Xシンクスピード以上でのパワーシンクをサポート(HSS時にフル発光のみで発光)
● AFアシストLED 搭載
● 1/10、1/3、1/2、1EV の各ステップで出力レベルの操作が可能
● リレー モードでは、カメラ シャッターとフラッシュを同期させてトリガー可能
● 遅延タイマーは1ミリ秒~ 99.9秒の範囲で設定
● オプションの電源とファームウェア更新のためのミニUSB ポートを搭載

CACTUS V6II ワイヤレストランシーバー
発売開始日:2016年7月15日(金)標準価格:12,500.-(税別) (JAN コード:4571380544188)

CACTUS V6IIS ワイヤレストランシーバー
発売開始日:2016年8月9日(火)標準価格:12,500.-(税別) (JAN コード:4571380544195)

仕様:

- 使用無線周波数: 2.4 GHzV6II_AF Assist LED_1-1.jpgAF アシスト機能
- チャンネル数:16
- グループ数:4
- 最大 1/8,000 秒のハイスピードシンクロに対応(ストロボのシンクロ速度制限も適用される)
- 最大通信距離:100 メートル
- 電源出力: 単三電池 2個、3V、50mA、0.15W、 ミニ USB 2.0、直流入力 5V、500mA ~ 1A
- 使用温度: -20°C ~ +50°C
- カメラ電圧: 最大 6V
- フラッシュ電圧: 最大 300V
- 外形寸法: 72mm (長さ) x 72mm (幅) x 42 mm (高さ)
- 重量: V6II : 89g( 電池除く)、V6IIS : 82g( 電池除く)






お問い合わせ
イメージビジョン株式会社
〒157-0067
東京都渋谷区上原3-44-10 田口ビル2F
TEL : 03-5738-2230 FAX : 03-5738-2231
担当:営業部